メニュー

Works

トップページ / 建築事例 / 希望したのはシンプルで住みやすい家。
必要なものだけを厳選した、ミニマルな暮らし。

希望したのはシンプルで住みやすい家。
必要なものだけを厳選した、ミニマルな暮らし。

姫路市N様

“温度差”というストレスから解放されました。

奥様

私がモリシタさんに魅力を感じたのは全館空調でした。なおかつ小屋裏にエアコンがあるから、2階に全館空調用の部屋をつくらなくていい。他の会社さんで2階に専用の部屋があるのを見て、「居住スペースにそういうのは要らないな」と思っていたので、その点も良かったです。

ご主人

新しい家になって、以前の家で感じていた温度差に対するストレスがなくなりました。以前は部屋ごとに温度差があって、夏はリビングだけ冷えていたり、冬はエアコンをつけていない部屋がすごく寒かったり、その温度差にストレスを感じていました。今は全館空調を入れているので温度ムラがなくなり、住みやすくなりました。

家事ラク設備で時間と手間をカット。

ご主人

家事もすべてがラクになりました。洗濯乾燥機、お掃除ロボット、あと食洗機をつけたので、時短ができています。キッチンは作業スペースを広くとり、作業台の高さも調整したので、料理がしやすいです。

奥様

食洗機がすごく便利です。一番便利なのは乾燥までできること。食器が乾いて出てくるので、あとはそのまま片付けるだけ。キッチンもIHになって掃除がしやすくなりました。洗濯に関しては、本当に洗濯乾燥機“様様”です。干さなくていいからとってもラク。以前はベランダに洗濯機があり、外に出なきゃいけないし干すのは大変だし、虫がつくのもイヤでした。今は乾燥までできて、なにより虫がつかないことが嬉しいです。

メインカラーは“白”。色合いのバランスを大事にしました。

奥様

内装はできれば明るい方が良くて、打ち合わせのときは木の色や床の色も「白がいい、白がいい。」と言っていました。色としては暗めの方が好きなんですけど、家になると明るい方が良いかなと思って。友達の家に行かせてもらったとき、それが全体的に黒っぽいお家だったんです。「カッコいいな」とは思ったんですけど、家はやっぱり明るい方が良いということで、白をメインカラーに選びました。

ご主人

色味の合わせ方は、設計の岩本さんに確認してもらいました。例えば「キッチンのレンガ風クロスとカップボードの色合いのバランスは合っているか」など、選んだもので全体のバランスが整っているか、確認してもらいながら決めていきました。

必要なものを必要なだけ。家も暮らしもスッキリと。

奥様

ものはなるべく少なくして、置かないようにしています。食器も引っ越しを機に減らしました。そのおかげもあって、すべてカップボードに収まっています。食材も、買うのはパントリーに収まる分だけ。収納に合わせて、ものを買う量をコントロールしています。

ご主人

書斎も「使うかな~」と思うものだけを置いています。本棚を置かなくていいように、本は電子書籍に変えました。散らかっていると、自分が探したいものを見つけるのに時間がかかるじゃないですか。それがイヤだったので、基本いらないものは置かないようにしています。昔から“シンプル”や“ミニマル”な方が良いなと思っていて、今はそんな暮らしを目指している過程です。

このお家のポイント

白を基調としたシンプルで爽やかな外観。玄関がある正面は、窓が少なくスッキリとしています。
明るいブルーがカワイイ玄関ドア。白い外壁との組み合わせが素敵です。
南面は窓を大きくとって日当たりを確保。
白で統一されたキッチン。奥様:「家電も色にこだわって、基本白で揃えています。」
ニッチは白と明るい青のタイルでかわいく彩りをプラス。
南に面する窓からは、たっぷり光が入ってきます。
すべてのものが収納に収まってスッキリとしたキッチン&ダイニング。
置いてある家具はミニマルに、広く空間をとったリビング。ご主人:「日当たりがすごく良いです。太陽が落ちない限り照明もいりません。」
ペールブルーがかわいい1階のトイレ。遊びを入れた1階と2階のトイレは、ご夫婦それぞれがデザインをセレクト。
現在は筋トレルームとなっているお部屋。ご主人:「部屋の仕切りは外すこともできます。ゆくゆくの生活スタイルに合わせられるよう選択肢を広げたかったんです。」
ご主人と奥様の机が並んだ書斎。奥様:「私はお化粧スペースとして使っています。」
家づくりのことなら、なんでもお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00 【水曜定休】