メニュー

Movie

トップページ / 動画 / 吹き抜けをつくった方がいい理由

吹き抜けをつくった方がいい理由

今回は私が多くのケースで
お客様に吹き抜けを勧める
理由についてお話します。

吹き抜けに関しては
メリット・デメリットの
議論がありますが、
私はメリットが多いと
思っている1人です。

私たちが考える家づくりは、
一定以上の断熱性能、
気密性能を確保する
ということです。

家としてはグルリと
魔法瓶のように断熱で
囲まれることになるので、
結構均一の空間になります。

そうすると例えば冬場、
私たちが勧める
床下エアコンをつけて
下から温めるということを
やります。

温められた空気は
上へ上がるので、1階で
温めた熱をもれなく
2階に上げていくことを
促進していく煙突のような
役割を吹き抜けは
してくれます。

これ結構大きいです。

そしてもう一つ、
夏場は小屋裏とか
2階のこの大きい空間に
エアコンを付けましょう
と提唱しています。

冷やされた空気は
重たくなりますので、
2階を冷やしてくれますが、
吹き抜けから冷気が
降りていきます。

そうするとこれが
大きなダクトのような
効果で2階のエアコンの
風を無駄なく下に送って
くれるということが
可能になります。

なので家全体をきちんと
温度差なく空調をかける
という視点で考えた時は
この吹き抜けがあった方が
非常に上手くいくという
ことです。

もちろん吹き抜けが
なくてもダクトを使うなど
やり方ははあります。

ありますが、
これが色んな面で
メリットを出しやすいので
お勧めしています。

さらに家を温かくする
ということに関しては
暖房機だけでは足らない
というかもったいないです。

冬期は太陽の光を
使います。

都市部で建て込んでいて
太陽の光が1階に
届きにくいとなると
1階のリビングが温かく
ならないということに
なりますよね。

でも吹き抜けの窓から
太陽の光を落とすことで
冬期の太陽のエネルギーも
取り込む事ができます。

タダですから、
その分、省エネです。
太陽が活用できるという
ことですね。

そう考えると、
この吹き抜けを上手に
使うことはこれからの
家づくりに関しては
絶対に重要だと思います。

吹き抜けにアレルギーが
ある方もいらっしゃると
思いますが、別の動画で
メリットデメリットも
解説してますので
それも見ていただいて、
この視点っていうのを
大切にしてもらえたらと
思います。

▼吹き抜けのメリット・デメリット
https://www.m-athome.co.jp/movie/fukinuke_merit_demerit

家づくりのことなら、なんでもお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00 【水曜定休】