メニュー

Movie

トップページ / 動画 / レンジフードを間違って選ぶと損をする

レンジフードを間違って選ぶと損をする

今回のテーマは
レンジフードを間違うと
損をする、です。

システムキッチンを選ばれると、
必ずレンジフードが付きます。

あんまりそれにこだわる方は
少ないですが、デザインは別にして、
根本的にレンジフードは
2つの種類があるということを
知っておいてほしいです。

一般的なレンジフードは、
煮炊きをした油や湯気が
上がってきたら、フードで
受けるじゃないですか。

ここにシロッコファンという
ものがグルグルと回っていて、
すごい勢いで排気をしてくれます。

ダクトを繋いで外に出す、
ほとんどの形がこれです。

だから特に何も
注文しなければ、
簡単な構造で安いので
これが付くというケースが
多いと思います。

ただ当社も高気密高断熱の
暮らしやすい家を提案して
いますので、冬、暖かい家に
したいならこのタイプの
レンジフードを選んだら
かなり損する事になります。

レンジフードは強力なので、
300〜500㎥、もっとですかね。
ものすごい㎥数の空気を
1時間当たりに出すと
言われています。

なのでせっかく室内を
温めたり冷やしたりしても、
空調してる空気まで
すごい勢いで吸い出して
しまいます。

せっかくお金をかけて
温めたり冷やしたりした
ものを捨てる感じになるので
ちょっともったいない
ということになります。

それで対策としてできたのが
同時給排気型と言われる
レンジフードになります。

これは文字通り、
排気もするけど同時に給気も
するというものです。

普通のレンジフードと
見た目は一緒ですが、
ダクトを通して外から
直接レンジ付近に給気をする
ようになっています。

どういうことかと言うと、
ダイレクトに冷たい空気が
レンジに入って、湯気と
一緒に排気してくれます。

なのでキッチン以外の所の
空気をガサっと引っ張らない
ということです。

よくあるのは
一般的なレンジフードを
高気密高断熱住宅に付けたら、
確かに排気はするけど
コンロの火が揺れるとか
足元に冷たい風がくるとか、
台所の火の傍には給気口を
設けることも多いので、
ダイレクトに冷たい風が
当たったりします。

でもこれは上から冷たい空気を
入れることができるので、
揺らぎとか冷たい風が
足元にくるということが
ないので結構快適です。

実際には冬場が一番ロス
しますが、煮炊きをしていて
結構熱が出ているので、
緩和されるわけです。
無駄にならないというわけです。

だから煮炊きした熱は
本来なら暖房に使いたい
ぐらいですが、臭い空気
なので出しますよね。

それがフレッシュエアーと
撹拌されて緩和されるので、
これが意外に良いです。

ロスが少なくなるという
ことになります。

せっかく良い家を建てて
高性能の家にしたのに、
レンジフードを気にせずに
知識のない工務店さんで
うかっと付けられたら
これはすごく損します。

ちょっと大袈裟な
計算かもしれませんが、
一説では月に何千円も
光熱費が掛かってくる
という試算もあります。

ぜひ注意して
いただきたいです。

最後に蛇足になりますが、
ダクト2つのタイプに
したら良いということで
注意していただきたいのは、
冬場は冷たい空気が入るので
ひょっとしたら給気のダクトが
長かったら結露する可能性も
あるので、ダクトにはしっかり
断熱あるいは防露という処置を
してもらってください。

そういう所を注意して
いただいたら、すごく良い物で
4〜5万以内には収まると思います。

長く暮らす家なので、
本当に数万円なので、
ぜひその選択を誤らない
ようにしていただいたらと
思います。

家づくりのことなら、なんでもお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00 【水曜定休】