メニュー

Works

トップページ / 建築事例 / 細部まで計画しつくした家づくりで
気持ちよく暮らせる住まいへ。

細部まで計画しつくした家づくりで
気持ちよく暮らせる住まいへ。

加古川市T様

納得がいくまで追求し続けた間取り

ご主人:

間取りに関しては回遊できることや家事の動線にこだわりました。自分でも図面を作ってみて担当の蔭山さんに意見を聞いたりしていましたね。決定した後も考えて可能な限り変更させてもらったりと、納得できるまで間取りはたくさん試行錯誤しました。

奥様:

私はモリシタさんのモデルハウスでキッチンの横にダイニングテーブルが配置してあるのを見て、これは絶対に自分の家にも取り入れたいと思っていました。以前の家ではキッチンにTの字のようにテーブルを配置していて。でも、キッチンで用事をしながら子どもにご飯を食べさせたりしていると少しの移動も面倒に感じていました。今はご飯を作ったらさっと横に配膳ができるのでとても楽です。

育児に仕事にと忙しい中での家事はできるだけ楽に

奥様:

家事の面では食洗機が助かっています。以前はお皿を洗っている間に子どもが泣いたりして洗い物を中断してしまっていましたが、今は食洗機にお任せしているので楽になりました。他にはお掃除ロボットが使いやすくなりました。たとえ床に物が散らかっていても、小上がりになっている和室に避難させるだけですぐにお掃除ロボットを動かせます。自分で掃除機をかける時も、回遊型の動線であちこち行かずにぐるっと回るだけで掃除が終わるので楽です。

ご主人:

洗濯は脱衣室に必要なものをそろえて、そこで一貫してできるようになっています。室内干しスペースはもちろん、棚の上に天板を乗せてその上でアイロンや洗濯物を畳めるようにしました。棚には下着や部屋着をその場でさっと収納できるようにして無駄な動線がなくなりました。

今だけでなく先を考えた、余裕のある収納スペース

ご主人:

収納は今ある物をどこにしまうかと、収納に余裕をもたせることをベースに考えてもらいました。キッチンの仕様をリビング側にも収納があるものに変えてもらったんですが、それは初めは考えていなかったんです。今思うとそこがなかったら収納量は厳しかったかもしれません。今後絶対増えることも考えて、半分くらいは収納を空けておきたかったので今はまだまだ余裕があります。

奥様:

1か所に収納を作るんじゃなくて、その場その場で作る方が散らからないといったアドバイスもしてもらいながら収納は考えました。買いだめ派なのでパントリーも作ってもらって、置く場所がきちんとできたので助かっています。

大切な家族が暮らす家だからこその細やかなこだわり

ご主人:

キッチンなどのコンセントの位置を通常より少し低くしてもらって、コンセントのケーブルが垂れ下がらず、すっきりと見えるようにしました。和室もリビングとつながっているけど感覚的に区切られた空間にしたくて小上がりにしています。小上がりの段差も30cmにすれば収納にもなるとのことだったのですが、そこはあえて20cm程にして移動のしやすさを重視しました。

奥様:

小上がりの和室はダイニングとも近いのでちょっと腰かけて自分の居場所になるのが気に入っています。

ご主人:

あとは充電スペースも作りました。収納の中にコンセントをつけて子どものおもちゃの乾電池や掃除機のバッテリーなどを充電できるようになっています。やっぱり家は大きな買い物なので、できることはやりたいと細かな部分もこだわったら暮らしやすい家になりました。

このお家のポイント

ご主人:「軒天の木目を目立たせる事と日射遮蔽の事を考えて、軒はできるだけのばしました。」
ブラックのフレームやグレーの門柱でシックな外観。さりげない植栽がアクセントとなっています。
日射取得が難しい土地でしたが、隣家の配置などシミュレーションをして可能な限り太陽の光が家に入るよう窓を計画。明るいリビングで気持ちよくくつろげます。
木目の柔らかな雰囲気がありながら、アイアンの階段やグレーのキッチンでシックな印象のリビング。
ご主人:「ソファやテレビボードを置くことも考えましたが、動きやすさを優先して最小限の家具にしました。子どもも広々と遊べています。」
リビング奥の小上がりの畳スペースは服の収納もあるためスイッチングルーム、腰かけてほっと一息つく憩いの場などいろいろな使い方ができます。
キッチンそばのカウンターはお子様が小さい時は学習スペースに、その後はご主人のお仕事スペースにと長く使える場所となっています。
洗濯機と室内干しのレールを同じスペースにし移動をなくすなど洗濯が楽になる工夫の詰まった脱衣室。意外と置き場のないパジャマも棚のボックスに入れれば綺麗に納まります。
高級感のあるタイルがアクセントになった洗面台。標準仕様の洗面台に鏡を変えてタイルをつけると雰囲気が変わります。
土間収納には上着をかけられる場所があるので、お出かけの時もさっと身支度ができます。
キッチンのカラーに家電の色のトーンを合わせたことで、統一感のあるおしゃれな空間となっています。
家づくりのことなら、なんでもお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00 【水曜定休】