メニュー

Movie

トップページ / 動画 / 中庭のある家の問題点を解説します

中庭のある家の問題点を解説します

今回は中庭のある家の
問題点について解説します。

真四角の家が
すごく流行っていますね。

若い人からすると
デザインがシャープで
格好いい感じがすると
思います。

中でも中庭のある
コの字型の家は、
よく考えて作らないと
メリットが出にくいと
いう感じがします。

こういう家は
一長一短があるとことを
知っておいてください。

(詳しくは動画を観てくださいね)

コの字の家は中庭があって、
よくあるのは中央を
ウッドデッキにします。

あえて塀をみたいな
ものをつくって、
そこで小さい子を
遊ばせるような
すごくおしゃれな家を
つくられる方も
おられます。

たしかに空間としては
面白いと思いますが、
家の経済性を考えると
難しいところがあります。

断熱面や、
空調をやりやすい、
やりにくいみたいな
問題点ですね。

まず真四角の家と
比べると、外周は
どうしても長く
なります。

なので窓を取る場合、
断熱的には
スカスカになるので
そこが弱点になって
しまうわけです。

つまり空調する場合は、
それなりの
ランニングコストを
払わないと快適には
ならないということです。

それから
日射の問題もあります。

冬場は日光を取りたいし、
夏場はカットしたい
ですよね。

例えば家が
真南を向いている
というケース。

西側にリビングが
あるとしたら、
朝日が入らず
陰ができてしまいます。

太陽が真南を
向いている時だけは
陽が入ってきますが、
西に傾くと東側が
陰になってしまいます。

なので冬に関しては
太陽の光が取れにくいので、
窓はトリプルサッシを
使わないと暖房的には
厳しいという気がします。

そもそも敷地は
45°ぐらいは
ふれていますよね。

例えば中庭が
南東に向いていると、
真四角の建物で
庇がなければ
太陽の光が入り放題に
なるので、夏は
陽が昇った瞬間に
室温がガッと上がります。

だから
アウターシェードなどを
しておかないといけません。

そのまま
昼間ぐらいになると、
南西の壁があるので
室内は陰ができます。

逆に中庭が
南西に向いていると、
西日が入り放題になると
いうことですね。

これは暑くて
やってられないと
思います。

冬場は
いいかもしれませんが。

だから
夏に向く家、冬に向く家、
というような配置になる
ところがあるので、
工夫が必要になってきます。

そして何より
建物をコの字にしたら
内側には開口部を
いっぱい持ってきたい
というのが人情だと
思います。

ただそうすると、
耐力的には厳しく
なってしまいます。

だからよほど上手く
やらないと構造的にも
問題が起きやすくなります。

中庭がある家にするなら
真四角の家にしたいかも
しれませんが、
方位に関しては細心の
注意を払ってください。

それから
開口部の強化ですね。

なので
コストパフォーマンスは
少し劣りますが、
お金をかけたら空間、
意匠上は面白い家に
なります。

どちらを優先されるか、
夫婦でよく考えてください。

ただ単に
格好いいから、
ということで住むと、
意外に暮らしにくかったり
ランニングコストが
かかってガッカリ感が
出てしまいます。

ぜひそういう点を
注意をしてくださいね。

家づくりのことなら、なんでもお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00 【水曜定休】