メニュー

Movie

トップページ / 動画 / 家づくりの時期は夫婦で話し合おう

家づくりの時期は夫婦で話し合おう

今回は家を欲しいと思われる方が
一番最初にぶち当たる一つの問題、
典型的な問題についてお話したいと思います。

それは持ち家を持つ方が良いのか、
賃貸でずっと借家暮らしした方が良いのか、
どっちが良いんだろう?っていう問題です。
今回、決着をつけておきたいと思います。

大体持ち家が良いのか賃貸が良いのか
って考えてる人の裏側に多いのは、
どっちが損でどっちが得なんだろうという
この議論があると思うんですね。

でもこの議論に関しては実はもう
本当に決着がついてるんです。

どういう事かというと、
損か得かっていうのは、言ったら
資産効率が良いか悪いか
みたいな話になると思うんです。

これは資産効率を計る
その尺度というのが凄い単純なんです。

自分の資産を何か事情ができて
売らなあかんっていう時に、
自分の思ってる値段で売れるか
どうかってそういう事なんです。

それが資産効率っていうことの
本当の意味なんですよね。

例えば土地が一千万円で、
建物が二千万円として
合計三千万円の家がありますよね。

この三千万円の家を、
ある事情があって7年後ぐらいに
売らなあかんかったとします。

これを全国の家づくりのプロの人達に
いくらで買ってくれる?って僕が聞いたら
大体皆こんな風に答えます。

大体1800万円ぐらいやったらなんとか…
とかね、あの場所やったら1500万円ぐらい…
みたいな事を言う人が多いです。

三千万円で買った物が、
たった7年間で半分になるんですよ。
これって資産効率は良いですか?
良くないですよね。

という事は、損か得か
資産効率ということで考えたら、
この問題に関しては決着がついています。

でも僕はちょっと皆さんに聞きたい。
このことで悩んでる皆さんに聞きたいんですけど、
損か得かで家を建てるんですか?ってことなんです。

家を建てる人に聞きたいのは、
なぜあなたは、誰のために、
何のために建てるんですか?ってことなんです。

これをよくよく考えていただきたいんです。

そうすると私が家づくりを
お手伝いした方の多くはこういう人が多かったです。

実は女房を喜ばせたいんですよとかね、
夫婦で頑張って子どもを育てたいんですよ、
って家族のためという方がとっても多いんですよ。

じゃあ家族のために資産効率が損か得かって
まぁゼロじゃないけど重要ですかね?

だからそういう効率じゃなくて
夫婦で協力して子どもをしっかり育てたいとか
女房を喜ばせたいとか旦那さんを喜ばせたいとか
そういう事であるならばその損とか得の問題で
このことを考えたらあかんってことなんです。

何のために建てるかっていう価値感を、
ご夫婦で、ご家族で明確にして、
その事に向かえばもう自ずとあなたらしい
答えってのは出ます。

ぜひそういう事を注意して
そのことを考えてもらいたいと思います。

家づくりのことなら、なんでもお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00 【水曜定休】