メニュー

Movie

トップページ / 動画 / 雨戸は無くても大丈夫なのか?

雨戸は無くても大丈夫なのか?

今日は雨戸の
メリット・デメリットを
お話しします。

私の友人から
「家を建てた時は
雨戸をつけなかったけど
良かったのかな?」と
質問を受けました。

雨戸を知らない
若い人も
いらっしゃるので
最初に説明させて
いただきます。

一般的には
2つあります。

戸袋にガラガラと
入れるようなものと
シャッターがあって、
上からガシャンと
閉めるようなものです。

これらにはそれぞれ
メリット・デメリットが
あります。

戸袋型は
引き違いの窓があって
引き込んでいく
ものになります。

窓を戸袋にくるっと
押し込んで畳んだら
2枚重なる、
というものが多いです。

もう1つのタイプは
シャッターボックスが
付いていて
ガラガラとやるもの。

いろいろな形があって、
スリットになっている
ものもあれば、
途中に穴が空いていて
風が入ったりする
タイプもあります。

まず雨戸の
デメリットを言うと
1つは取り付けに
お金がかかることです。

もう1つは
美観の問題です。
戸袋タイプのものだと
洋風の家には
合わせにくいです。

昔ながらの
和風の家のような
雰囲気になるので。

もう1つは
雪の多い地域だと
開口部トラブルが
あることです。

降った雪は溶けて
凍結を繰り返すので
雨戸にへばりつきます。

氷になっているので
膨張して、
戸が開きにくくなったり
時には壊れる原因に
なったりします。

僕らが住む
西日本では
あまり心配ないですが
こうしたデメリットも
あります。

次は雨戸の
メリットです。

1つは防犯です。
特に1階部分に
つけたいという方
多くいます。

1階部分のガラスは
割られるかも
という意識が
あるんですね。

サザエさんとかで
寝る時に子ども達が
雨戸を閉めるシーンが
出てきたります。

あれは防犯目的で
していることが
多いです。

昔はガラス障子
というのがなくて、
障子と雨戸を閉めることで
人が入れないように
していました。
その名残が
今もあるんですね。

次に挙げるメリットは
台風や竜巻から
窓を守ること。
やっぱり雨戸があると
心強い感じがします。

奄美大島や沖縄本島は
大きな台風が
来やすいので、
雨戸をやって
さらに木を
打ちつけたりして
強風から
守ることもあります。

瞬間最大風速50mとか
ザラにありますから。
ガラスだったら
割れる危険もあります。

それから日よけ。
特にシャッタータイプに
言えることですが、
夏場、日よけとして
使えたりします。

窓の外側に
シェードを付ける方法も
ありますが、
雨戸、シャッターで
代用するのも
悪くないです。

日射遮蔽ができると
部屋が暑くなりにくいし、
エアコンが
効きやすくなります。

次は冬場の断熱。

寝る前に
雨戸を閉めておくと
部屋の温度の下がり方が
全然違います。

僕の経験で
雨戸閉めて寝るのと
開けて寝るのを
比較したら
リビングの温度は
1〜2℃違います。

今言った
メリットデメリットを
踏まえて
最初の質問に戻ります。

要は、
何が一番気になる?
ということです。

1つ思うのは、
北海道とか
新潟のような
雪の多い地域は
開口トラブルが
起こりやすいので
なくてもいいかなと
思います。

もう少し温暖地域なら
雪の心配はありません。
気になるのは
防犯面だと思います。

でも
今のペアガラスや
トリプルガラスは
結構頑丈で、
泥棒からしたら
壊しにくいです。

それでも心配であれば、
防犯ガラスという
合わせガラス
みたいなものがあるので
それを使うと
防犯性が上がります。

空き巣は基本的に
時間勝負です。
窓に「防犯ガラス」という
シールが貼ってあったら
やらないケースも
あります。
やるだけ無駄と
思われるので。

これはちょっと
ズルい方法ですけど、
例えば、
防犯ガラスの
ステッカーをもらって
貼っとくだけでも
抑止になります。

極端な話、
雨戸があっても、
バールで小突いて
入ろうと思ったら
入られてしまいます。
10分は耐えてくれると
思いますが。

なので防犯に対して
そこまで過剰に
ならなくてもいいよ、
と言う点はあります。

僕が冒頭の彼に
一番強く伝えたのは
台風のことです。

もし、密集地に
家が建ってるなら
台風の被害は
それほどないと
思います。

だけど、例えば
室戸岬の突端に
家が建っているとか。

大草原の中に
一軒家が建ってる時は
今からでも
取り付けたほうがいいかな
と思います。

でも、そうでない場合。
例えば
1回か2回は
台風の経験があって、
窓の揺れ方を見たけど
常識的の範囲で
よっぽど強い風ではなかった
なくても大丈夫
と思えたなら
別に無くてもいいと
思います。

時々、強めの台風が
来る時ありますよね。

あの時は
ベタですけど、
ガムテープ補強を
してください。

彼にも
「お父さんとして
家族の中心になって
台風対策頑張れ」と
アドバイスしました。

ただ、
ガムテープを貼るのが
めんどくさいなら
雨戸を付けたらいいです。

その上で、
美観を優先するなら
シャッタータイプが
いいです。

シャッタータイプは、
後付けもできます。

日よけの機能を
意識するなら、
シェードをつけたり、
冬場はカーテンを
ハニカムスクリーンに
変えることで
意外にしのげます。

なので、
最初の質問の答えは
「住んでる地域や
立地によって、
最終判断するのがいい」
となります。

もう1つ
お伝えしたいのが
家は後から、
いくらでも
メンテナンスできます。

なので、
家が完成した方も
「失敗しちゃった!」と
落ち込まないでください。

そんなに深刻にならず、
まずは
メリットデメリットを
理解していただいて、
これから建てる方は
地域や立地で判断する。

それから
パートナーの
工務店さんとかに
意見を聞いて
決められたら
失敗ないのかなと
思います。

家づくりのことなら、なんでもお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00 【水曜定休】