メニュー

Movie

トップページ / 動画 / 断熱で一番影響が大きいのは実は「窓」

断熱で一番影響が大きいのは実は「窓」

今回のテーマは
冬暖かい家のつくり方その1、
窓についてです

暖かい家を考えると
大体家の中は
どうなっているのでしょうか。

18℃、
できたら20℃ぐらいで
暖房をして暖かい家を
つくりたいと皆さん
思われると思います。

実は家は、
外の方向に向かって
熱を奪われていきます。

今回、一番最初の
テーマとして窓を
持ってきたのは
理由があります。

まずは熱の移動。
熱が奪われる方向を考えると、
屋根から5%の熱が
奪われていくと言われています。

壁からは15%ぐらい。
最近は法律で24時間換気
というのが義務付けられて
いますから、換気でも
15%ぐらいの熱が奪われます。

それから地面の方も
若干ですが7%の熱が
奪われると言われています。

残った所は窓ですが、
ここからなんと58%も
奪われると言われています。

家で暖めた熱の
6割近くはこの窓から
出て行ってしまうわけです。

なので、この窓を考える
という事がどれだけ
暖かい家にとって重要か
ということがわかって
いただけると思います。

ちなみに
巷の工務店さんが
暖かい家をつくるとなると
壁の断熱をしっかりしましょう
みたいな感じで断熱の強化の
提案をするんですね。

これをコストで言うと、
諸説ありますが100〜120万円は
かかると言われています。

また屋根の断熱を強化をすると、
50万〜80万ぐらいはかかると
言われています。

では窓のランクを
2ランクぐらい上げて
断熱の強化をすると、
40万前後ぐらいになります。

全体の熱の損失の
6割近くに影響を与える
窓を強化することは、
40万ぐらいでできるわけです。

それを考えると、
冬暖かい家が欲しいなら、
窓にちゃんと手をかけて、
一定の水準以上の
断熱にするということが
すごく重要であり、
効率がとても良いんです。

経済的ってことですね。

ちなみに私たちが住んでいる
姫路・加古川・太子あたりなら、
窓枠がオール樹脂でペアガラス。
これは必須ですね。

それから
もう一つ重要な点があります。

ペアガラスには
ガラスとガラスの間に
隙間があって、ガラスと
ガラスが引っ付かないように
スペーサーというのを
入れるんですね。

このスペーサーの材質も
樹脂製のものを選んでください。

ここにアルミを使って、
隙間をうめるということを
やりがちです。安くできるので。

でもそこをケチったら、
窓を強化する効果が
あまり出てきません。

オール樹脂の枠にして、
ペアガラスにして、
スペーサーは樹脂にする。

この点をおさえて、
窓の性能アップから
入ってもらうと、効率的に
冬暖かい家ができます。

ぜひ知っておいてくださいね。

家づくりのことなら、なんでもお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00 【水曜定休】