メニュー

Flow

トップページ / 家づくりの流れ / ③契約してからの流れ

契約してからの流れ

1

基本契約

プラン及び仕様書、お見積り、資金計画、工期等を確認いただき、
弊社を家づくりのパートナーと認めていただきましたら、家購入申し込み(建築請負の基本契約)を締結いただきます。

家購入申し込み(基本契約)
2

詳細設計の打ち合わせ

家族プロフィール、家具リスト、プランニングチエックシートに基づき、
窓やドアの位置、生活動線、家具の置き方、生活スタイルに合わせた新しい家の中身を細かく具体的に詳細に決めていきます。

基本間取り確定
配置図
森下からひと言

お客様と一緒に家の細部まで細かく詳細に詰めていきます。
お客様のご要望を伺った上で、当社からも家づくりのプロとしての提案をします。お打ち合わせの回数は特に決めていませんので、ご納得いただけるまで何度でもご提案します。

3

地盤調査による基礎仕様の決定

許容応力度計算(仮試算)
平面図
立面図
電気配線図
給排水配置図
空調計画図
外構図
その他
森下からひと言

地震災害に強いことは一番重要なことです。
当社では最も厳格な計算方法である許容応力度計算によって、耐震等級3、耐風等級2の家をつくります。

4

仕様打合せ

外装、屋根、サッシ仕様決め
住設機器、ショールーム廻りにて仕様決め
内装、カーテン、照明仕様決め
5

工事内容の最終確認・金額決定

6

本契約(建築請負の最終本契約)

プラン及び仕様書、お見積り、資金計画、工期等を確認決定後、建築請負の最終本契約を締結いたします。

7

建築確認申請・長期優良住宅認定申請(希望者)

建築基準法への鄭豪確認、住宅性能評価をします。

官庁への許認可・届け出
構造計算(許容応力度計算・最終確認)
外皮性能計算
8

解体工事(必要時)

建築基準法への鄭豪確認、住宅性能評価をします。

解体前打ち合わせ、近隣挨拶
地盤調査による基礎仕様の決定
許容応力度計算(仮試算)
9

地鎮祭

土地をお祓いし、工事の安全と完成後の家内の安全と繁栄を願う儀式です。

お施主様といっしょに、近隣挨拶をわせて実施します
森下からひと言

地鎮祭や上棟式はいろんなやり方があります。
お客様のご要望に合わせたやり方で進めますので、お気軽にご相談ください。

10

着工

家に関して検討が終了し、諸手続きが完了しますと、いよいよ工事が始まります。

縄張り、建物の配置と高さ確認(残土・客土のコストも確認します。)
11

基礎工事開始

地盤改良(表層改良、柱状改良、パイル打ち等、必要時)
配筋検査(第三者検査機関)
打ち上がり検査
12

上棟/上棟式

上棟式、ご希望により”餅まき”などの祭祀を行います。

金物検査(第三者検査機関)
外装下地検査(第三者検査機関)
13

中間確認

お施主さまと電気配線等の設備、造作詳細などの現地での打ち合わせをいたします。

14

足場解体

登記準備、住民票移動、追加変更工事確認をお願いします。

15

金消契約

金融機関にて、融資金額の確定して借入の契約、火災保険の加入をお願いします。

16

完了検査

官庁による完成確認検査

17

完了確認

お施主さまによる完了のご確認

18

完成・お引渡し・入魂祭

いよいよ完成、関係取り扱い説明、保証の確認、支払い清算書の確認をお願いします。
お引渡しに際して、お施主様ご一家のご多幸を祈願し入魂祭を実施します。

家づくりのことなら、なんでもお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00 【水曜定休】