モリシタが建てた家をみる
モリシタ・アット・ホームが心を込めて作った家をご覧ください。

おしゃれなうえに暮らしやすい白&黒のシンプルモダンの家 N様(姫路市)

シンプルモダンな野村様のお宅。
外壁のホワイトと屋根と外壁の一部に使ったブラックの組み合わせは、内装の配色のベースとなっている。

house02_01


黒と白でシャープにまとめた野村様邸。
市松模様に敷かれた和室の畳を見れば、その徹底ぶりがわかります。
「和室も外観の白と黒に合わせました。とにかくモダンでおしゃれな家にしたかったんです」
とご夫妻はそろって言います。

曲線の美しい洗面台や全面黒のパネルで高級感を出した浴室など、素材や設備にもこだわりました。
さらに、小屋裏や納戸など大型の収納を充実させ、このスタイリッシュな空間を維持しています。

「中途半端になるのが嫌だった」との言葉通り、ほとんどの要望は叶えました。
ただ、それだけに住宅会社選びの段階では予算が合わずに難航したと言います。
当初相談したハウスメーカーの多くが予算を二の次にした見積もりを出す中、ていねいに気持ちを汲みとってくれたのがモリシタ・アット・ホームでした。
「大手だとなかなか融通のきかない部分もあって。モリシタさんとは〝希望を伝えて修正する〟を繰り返し、予算内に収めることができました」。

実は、価格だけを比べるならば同社よりも安い大手メーカーが1社ありました。
それでも同社を選んだのは、職人さんとの距離が近かったから。
「つくる人の顔が見えるので相談しやすいんです。建てた後にイベントで会ったときも、〝家はどうですか〟と声をかけてくれるんですよ」。

若いながらもしっかりとした考えを持つご夫妻は、デザインだけでなく暮らしやすさにもこだわっています。
特に気を配ったのはもうすぐ2歳になるお子様の安全性。
スタイリッシュな最新型スマートコンロを採用したのも、マグネット式で着脱できる点火スイッチに惹かれたからです。
子供の手の届かないところに置いてしまえば、不意ないたずらも避けられると考えました。

子供と遊ぶ南側の庭は、建物を北側の道路にぎりぎりまで寄せて広く取りました。
よちよち歩きのお子様はこの庭で遊ぶのが大好き。
ご夫妻は、「一度外に出るとなかなか入ってくれないのでしんどい」と困ったそぶりを見せながらも、「夏は大きなパラソルを置いて遊びたいですね」と、子供と存分に遊ぶ計画を立てています。

寝室は、継ぎ目のない木目調クロスで落ち着いたトーンに。
バルコニーとの位置関係でできたくぼみ部分を利用してPCスペースをつくった。
ウォークインクローゼットは内部を均等に仕切り、ご夫妻それぞれの専用スペースとした。

小屋裏もモダン仕様。実用性のある物置として使うために階段を設置。
ご主人の“ゲーム部屋”としても使うため、扉を付けて個室感を出したり、断熱材をグレードアップするなど居心地を重視した。

2階でおむつ替えをするときのために設けた洗面台は野村様が自ら購入したもの。
タオルリングの曲線や鏡の丸みがシャープな空間のアクセントになっている。

2階のファミリークローゼットは3.5畳。
季節ものや寝具をしまう。4人家族になることを想定して4つに仕切った。

下駄箱、土間収納、クロークルームを備えた収納力たっぷりの玄関。
正面から見えない位置にクロークを置き、さらに延長した仕切り壁で完全に覆っているためすっきりとした空間になった。

室内は、外観と同じく白と黒をベースにコーディネート。
LDKは約20畳と十分な広さがあるが、照明の色をすみずみまで照らせる白色にして、空間をより大きく見せている。
見た目を重視しつつ、子供の転落を考えてソファを置かないなど安全性にも気を配る。
インテリア性の高い円形カフェテーブルも、ぶつかっても大怪我をしないようにという配慮から。

お子様の入浴はご主人の担当。
子供が二人になっても広々と使えるように1.25坪タイプにし、照明を増設している。
標準料金で一面だけパターンを変えられる浴室パネルは、ホテルのような高級感のある黒をオプション料金で全面に使った。

人工大理石のワークトップと最新型スマートコンロにこだわったキッチン。
コンロはガス式で火を扱うが、点火スイッチが簡単に取り外せるため子供のいたずらを防ぐことができる。

市松模様に敷かれた琉球畳が室内全体のモダンな印象を強めている。押入れの扉をハイドアにしたことで洋室のような雰囲気を出した。

階段下収納は、担当の山下さんの提案であえて二つに分けました。
階段下収納は、大きな容量があっても奥の物が取り出しにくかったりしますが、分けたことで個別に整理がつき、使い勝手が良くなりました。(ご主人)

担当の山下さん( 右)、近藤さん( 左)と。
「いくつか会社を回った中で一番親身になって話を聞いてくれたのが山下さんでした」と出会いを喜ぶご夫妻。