メニュー

Participate

トップページ / 見学する・参加する / 3m×3mの空間が面白い。モリシタ・アット・ホームの新モデルハウス、オープン記念見学会開催。
新モデルハウス見学会

3m×3mの空間が面白い。
モリシタ・アット・ホームの新モデルハウス、
オープン記念見学会開催。

2022521日(土)〜 522日(日) 10:0016:00
姫路市八代宮前町
(完全予約制)

モリシタ・アット・ホームの新しいモデルハウスが完成しました。

この家は普通の家とちょっと違っています。まずは外観。1階と2階に大きな掃き出し窓。外壁は色違いの杉板と塗り壁。正面右側に大きく張り出したはなれがあります。中に入ると、大きな吹き抜けとベンチのあるリビングダイニング。キッチンの先には中庭を望むフリースペース。その先は落ち着いた雰囲気を醸し出すはなれにつながっています。シースルー階段を上がると、スケルトン・インフィル構造によって間取りを自由自在に変更できる大きな空間。窓の外側には月見台が設えてあります。

実は、これらすべては「3m×3mの空間」を組み合わせることで構成されています。家の内と外をゆるやかにつなぐ「中間領域」という発想を取り入れた、モリシタ・アット・ホームの新しい試み。もちろん、当社の特徴である、太陽の力を活用したパッシブ設計、エアコン1台による全館温度差のない空調設計、家事動線と収納計画なども、さらに進化しています。

ぜひ、見学会でご覧ください。

見学会のみどころ

暮らし方に合わせて間取りを変えられます
子育て中の暮らし方、巣立った後の暮らし方、年老いてからの暮らし方はそれぞれまったく違います。モリシタ・アット・ホームでは、構造躯体(スケルトン)と内装(インフィル)を分離するスケルトン・インフィル構造によって、間取りの可変性を確保しました。
約60分、家事時間が短縮されます
家事の動きを分析し、最短の移動で掃除、洗濯、炊事ができるよう部屋を配置しています。家族一人ひとりの生活動線から逆算して綿密な収納計画により、家事負担を大幅に軽減。物干しの位置や高さ、サニタリーの大きさ、クローゼットの棚の形に至るまで、家の隅々にまで家事がしやすい工夫を凝らしました。
家中すべてが快適です
太陽の恩恵を最大限に活用するパッシブ設計と、空気の流れをデザインした緻密な空調計画。この2つにより夏と冬はそれぞれ1台のエアコンを稼働させるだけで家中が快適になります。家の性能をさらに進化させるべく、床下空調の可能性を高めるグリッドポスト基礎も採用しました。
「中間領域」が暮らしに豊かさをもたらします
「中間領域」とは家の外と内を緩やかにつなぐ場所のこと。たとえばかつての日本家屋には必ず縁側が存在しました。そこで人々は庭の木々の移り変わりを眺めたり、ふらりと訪れた客人をもてなしました。中庭、吹き抜けリビング、フリースペース、月見台。このモデルハウスでは家と人と自然をつなぐ場所として、今ふたたび「中間領域」のある暮らしを提案しています。

見学会予約フォーム

家づくりのことなら、なんでもお気軽にご相談ください
お電話でのお問い合わせ
受付時間 9:00〜18:00 【水曜定休】