安心の耐震・耐久性のしくみ

耐震性について

住宅の耐震性能は、木造だから弱いとか、鉄骨だから強いといったものではありません。
構造材そのものの自重や、平面計画、立面計画により影響を受けますので、その家自体の強さを表す【耐震等級】を確認することが大切です。

【耐震等級】は、1~3まで3段階で評価され、もっとも高性能なのが【耐震等級3】です。

当社では、品確法住宅性能表示制度による壁量計算にて耐震等級を判定し、
基本として【耐震等級3】を推奨し、施主様からの希望があっても【耐震等級2】をクリアしない設計はいたしません。建築基準法をクリアするだけの【耐震等級1】での家づくりはお断りしています。

構造確認の流れを説明しますと、
地震用として必要な壁量を算出
風用として壁量の不足がないか確認
存在壁量として耐力壁のみを採用し、垂壁・腰壁・準耐力壁を加算しない安全側で計画
4分割法により耐力壁の平面バランスを確認
1階2階上下階の壁量の垂直バランスを確認
2階床構面、小屋床構面、屋根面の水平構面の必要床倍率を確認。あわせて耐力壁間の距離を確認
N値計算にて柱頭・柱脚部の必要な接合金物を確認
梁せい算定をして構造材寸法を確認
以上のような手順での【耐震等級】の確認を全棟で実施し、
【兵庫確認検査機構】の【適合証】をいただきます。

なお、3階建て以上、大規模な床面積の建物に関しては、別途【許容応力度計算】にて安全の確認をいたします。(内容により別途実費をお願いします。)